全国展開と中小の地域密着の結婚相談所の違いは?

結婚相談所について調べてみますと、全国展開型か中小の地域密着型に分けることが出来ます。 全国展開している大手の結婚相談所の方が、インターネットで調べれば常に上位に来ますので、ついつい全国展開型の大手の方がいいのかなと思ってしまいがちです。

一昔前の中小の地域密着型のですと、登録してもなかなか相手を紹介してもらえないというケースがあります。これは、地域密着型の欠点で同じ地域で登録している会員数が少なくて、なかなか相手を紹介できないのです。

しかし現在は、日本結婚相談所連盟のような連盟に加入することで、個人の結婚相談所であっても5万人くらいの人数を紹介することが出来るようになります。このデメリットは現在、あまり気にすることはないと思われます。

現在の中小の地域密着型の結婚相談所は、機械マッチングもできて、仲介型のハンドメイドのマッチングも行っています。この点は、大手よりも地域密着型の結婚相談所の方にメリットがあるのです。

特に、機械マッチングですと、確かに自分が求める条件の相手を見つけることが出来ますが、その人がはたして自分と性格がマッチするのかという問題が出てきます。条件が良くても性格が合わなければ、結婚をしても非常にストレスがたまることになります。これは機械マッチングのデメリットです。

条件を重視するのであれば、機械マッチングはいいのでしょうが、それ以上の人間らしいことを望むのであれば、機械マッチングに関しては限界があります。

条件だけではなくて、フィーリングを重視するのであれば、地域密着型のカウンセラーが相手を探してくれる仲介型に軍配が上がるのではないのでしょうか。

また、大手は変わった入会審査を設けることが苦手です。例えば、高学歴、高収入といった枠組みを付けてしまいますと、大手では入会者数を得ることが出来ませんので敬遠されてしまいます。しかし、中小の地域密着では、このような変わった条件を作ることができますので、年収いくら以上ないと無理という場合、そのような中小の地域密着型にメリットがあります。

ページの先頭へ