結婚相談所と加盟団体

結婚相談所を初めて利用する方が知っておきたい、結婚相談所の加盟団体について説明をします。

マッチングしやすくなる

結婚相談所を経営している方、新規で開業する方は、結婚相談所の連盟組織があります。これに登録をしなければ、マッチングさせることが難しくなり不平不満が出てしまうので、連盟組織に登録します。もちろん登録をせずに独自の路線を進むという結婚相談所もあります。

なぜ、登録をしなければマッチングさせることが難しくなるといえば、会員のデータがないからです。一人が登録しても、新しく誰かが登録しなければ紹介することはできません。さらに新しく登録した方が同性の場合、これも紹介させることができません。

情報量の違い

つまり、大きな連盟組織に加盟をして、その連盟組織が持っている婚活中の男女の情報を融通してもらう必要があるのです。もちろん大きな企業でしたら、有名な結婚相談所を吸収合併をしたり、提携をしたりして、情報量を持った状態で結婚相談所を運営することができますが、それはあくまで一部に過ぎません。

また、スタッフの質に関して連盟組織で研修会や定例会を行っていますので、そこへ派遣してより高いレベルのサービスを提供できるようにした方が、顧客の満足度につながりますので、大きな連盟組織に登録しているということ自体が安心と安全の証拠となります。そして、一般的には日本結婚相談所連盟への加盟となります。

加盟している相談所が有利

日本結婚相談所連盟へ加盟することで、日本全国の5万人以上のデータを検索させることができます。日本結婚相談所連盟に加盟していることを売りにしている結婚相談所も多くあります。

5万人のデータ検索可能とあれば、日本結婚相談所連盟へ加盟をしています。もちろん、日本結婚相談所連盟以外の団体がありますので、他の団体や組織に加盟しているのかをしっかりと確認をして登録をしましょう。個人の地域密着型で、団体などに加盟していないのならば、マッチングの可能性がかなり低くなります。

ページの先頭へ