仲介型の結婚相談所のメリットデメリット

仲介型の結婚相談所のメリットデメリットを見ていきます。結婚相談所には大きく分けると2つの種類があります。それが、仲介型とデータマッチング型です。大手の結婚相談所ではデータマッチング型が多く、中小の地域密着型の結婚相談所では仲介型が多くなります。

仲介型のメリット

仲介型は最短で結婚をしたいと考える方にとってはメリットがあります。婚活パーティーや婚活サイト、合コンなどは一度に大勢の人へアプローチをかけなければなりません。そのため、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるではありませんが、質よりも量を重視した戦略となります。

しかも、自分から積極的に行動をしなければならないので、忙しい人にとってはなかなか気軽には利用できるものではありません。一方、仲介型は専任のコンサルタントが婚活のサポートにつきます。

コンサルタントやアドバイザー、コンシェルジュなど呼び方がありますが、結婚相談所のスタッフの方がサポートについてくれて、会員の性格にマッチした相手を紹介してくれます。良いアドバイザーにサポートをしてもらえれば、高い確率で成婚することができます。

仲介型のデメリット

仲介型のデメリットはアドバイザーとの不仲などがあります。きちんと理解してくれない人から、あまり仕事にまじめではない人もいます。そのようなアドバイザーにあたってしまいますと、なかなか自身の希望にマッチする相手を紹介してくれないということもあります。

また、地域の個人で経営している結婚相談所の場合は、登録をしても全く紹介してくれないということもあります。アドバイザーは承認をもらえる確率の高い相手同士を厳選しますので、その結果、お声が全くかからないということもあります。

まとめ

アドバイザーとの不仲が、基本的に結婚相談所の悪評につながりますが、アドバイザーとの仲が良好なら、結婚相談所の好評価につながります。これが、結婚相談所の口コミを見た際に、好評と悪評が明確に分かれる原因となります。

ページの先頭へ